2017/05/2822:50【日記】ボードゲーム合宿もどき(続編)
なんだか気付けばお泊まりになっちゃった先月のクローズ会日記の続き。
ゲームの感想をつらつら。

前回はコチラ。

そして今回は続(つづく)編。
なんでタイトルを竜堂四兄弟から取ったのかはわかりません。
何ソレと思った方は検索してください。

さて夕飯後いろいろあってから広げたのは、せっかくなのでと重そうなゲーム。
スルージエイジズ (Through the Ages)
2〜4人、12歳〜、240分


古代から近代までの時代を駆け抜けながら、文明を発展させていくゲーム!

大きく分けて3つの時代に分かれて生産力や技術力、軍事力を強化しつつ、人民の幸福度を高めることで勝利点がもらえるというゲームでした!

歴史上の偉人たちがリーダーとして出てくると、本当に世界史をなぞっているようで面白い!
今回は緊張感は保ちつつも不可侵条約などして、かなり平和なままお互いが発展する優しい世界に
やることが多いとかひたすら時間かかるって聞いてて敬遠気味でしたが、やってみるとかなりサクサク。
食わず嫌いは良くないね!

けどいざ説明しようとすると確かに膨大なテキスト量になるので、ルールや遊び方は他サイト参照もしくはご購入を

勝利点そのものを伸ばすのではなく、勝利点の上昇値を伸ばすっていうのが面白く、後半になると得点がインフレし始めて爽快
かつ破綻する前に終了する絶妙なバランスに感じました。

終わったら深夜の2時くらい。眠い
でも心地良い疲労感でした。


アンドールの伝説 (Legends of Andor)
1〜4人、10歳〜、60〜90分

各地から集められた勇者たちとして、アンドール王国を救うファンタジー世界の協力型ゲームです

各自の駒と体力があり、移動してアイテム受け渡したり攻撃にダイスを振ったりする、よくイメージされる冒険ゲームそのもの
時間が経つと敵の増援とか味方NPC撤退とかイベントも発生して、RPGみたいで面白い

そして戦闘は油断すると死ぬ
チュートリアルの初めてのモンスター戦でも、場合によっては負けそうになって逃げるほど!

持ち込み品かつ初プレー。
ついうっかり弓兵をアーチャーとか、魔術師をキャスターって言ってしまったけど、まあ深夜だったので仕方なし。
ほんとなぜ深夜に始めてしまったのだろう

この日は華麗に第1章をクリアし、ご機嫌なまま眠りにつくのでありました
ゲームは拡張なしでも5章まで遊べます!

ツイクスト (Twixt)
2人、8歳〜、30分

柱を立てて桂馬飛びに橋を渡し、お互いの色のボード端間を繋げて勝利を目指すゲーム!

盤上を縦にブチ切るか横に切り裂くかの熱き戦いです!
ん?断裁して分離する・・・断裁分離のクライムエッj

朝食前にコーヒー飲みながら、真っ先にツイクストをプレーするってなんという贅沢感
これはぜひ旅館の広縁とかでやりたい!

囲碁や将棋と同じく、数手先まで読み合って戦う思考性の高いゲームでした。
これは面白い!

Covert (欧州潜入捜査官)
2〜4人、10歳〜、45〜90分

ヨーロッパ狭しと潜入捜査官たちが駆け回ってミッション達成していくゲーム!

ミッション達成条件となる場所やアイテムを満たし集めるべく、ダイスをマネージメントするゲームでした
いざ振ったダイスたちを、移動などの各アクションを奪い合うように配置して運用していきます。

数字パネルを操り、金庫を開けてアイテムゲット!とかミニゲームっぽいアクセントもあり。

とにかく外箱のデザインがいいのよとは持ち主の弁


ここらでお昼を食べに外出するのでしたが、その時の話題はほぼ前夜のスルージエイジズ!
それだけあのゲームが衝撃だったってこと
あれは良いゲームですじゃ。
もうちょっとだけ続くんじゃ。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字