2016/08/20

【ゲーム紹介】桜降る代に決闘を いざ眼前構築!

ちょいちょい朝方には涼しい風が吹く日が続き、過ごしやすくなっている気がします。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、季節はまだ夏ですが今日は桜が舞う決闘ゲームを紹介します。
桜降る代に決闘を
BakaFire Party、日本
2人、12歳~、10~20分
※私は65×91mmサイズのカードスリーブを使用

イラストが好みです!
遊ばせてもらって楽しかったのであとから購入。
惨劇RoopeRというゲームでお世話になったBakaFire Partyのゲームということで、変な期待はしてました  


ゲームは格ゲーちっくな、ボードを使ったカードゲームです。

とにかく公式サイトで見られる画像付きの説明がわかりやすいので詳しくはそちらを。

開始前、両プレイヤーが6柱のメガミから2柱を選びます。
それぞれのメガミのカード11枚、計22枚から10枚を選んでデッキを構築しバトルします。


このとき、お互いに選んだメガミは公開済みです

ということで必然、相手の傾向などを読みながらの構築となるのです。
相手のキャラから想定される何かへの対策をデッキに入れるかとか、適度に悩ましい
けど、たった10枚のデッキに出し入れする1枚というものは非常に影響が大きいのでよく考えなければ

いざ決闘ではライフ8点をガシガシ削りあって切り札(必殺技)も飛び交う、非常に良く収束されたバトルが繰り広げられます。
大抵のカードの使用条件として、お互いの間合いを示す中央のトークンを参照します。
となれば近接キャラは間合いを詰めたがります!
対して相手はさせじと威嚇射撃しながらさらに距離をとる!

そんな駆け引きや、切り札を絡めたコンボや連続攻撃でスカっとできるゲームであります
TCGとか好きな人には是非一度遊んでもらいたい!

また、公式大会の開催やその結果を踏まえてのエラッタによる調整など、公式が活発なのも感心です。
ゲムマ2016秋(冬)では第2弾&拡張出ましたやったね!

◼︎遊んだことある人向けに少し
私のお気に入りカードは以下の3枚です。
(2016/08/20時点)
シンラ(書)の詭弁は返しのターンに相手が間合いを詰め辛い状態を作れるので、近距離相手では優秀な遠距離砲だと思います。
よくフルバーストと選択してるので気付けばお気に入り

ヒミカ(銃)のマグナムカノンはロマンの塊。
対応されたりシールドされたら苦しくなりますが、切り札すら囮にしてなんとしてでも当てるべく楽しんでます

オボロ(忍)の鋼糸は設置自体が大好きなので代表して。
ダメージ2という乱暴さはそのまま使っても良し、設置から使っても良し。
激選区の間合い3-4を担うだけあってこのカードへの期待は大きいのです。
公式大会での使用率が示す通り、いろいろ難しいメガミです


最近では「忍」って武器じゃねーだろのオボロ(忍)と、いまだに戦い方が分かってないトコヨ(扇)辺りを練習中です。
ほかのプレイヤーの方は一体どうしてるんでしょう
公認大会の名古屋開催、お待ちしています。

第二弾以降の紹介リンクはコチラ↓
予定地


sikuramenn07 at 10:00│Comments(0)タイトル索引 さ〜そ | 2人用

コメントする

名前
URL
 
  絵文字